このままぐっと夢見せて

耳で溶けて流れ込む 媚薬たちを閉じこめろ

〇〇してほしいジャニーズたち

 

 

日常がとてもドライである。

 

 

 

季節的な関係で湿度が…とかそういうのじゃなくて、

ドライである。

 

 

 

心の湿度がとても低く乾燥しているせいか

日ごろのいかなる場面においてもジャニーズたちが鮮明に再生できるようになってきた。

 

 

 

 


【料理をつくってほしいジャニーズ:桐山照史

まあ1択ですよね(キラッ)

あっくんには、いっしょに部屋でごろごろしたりDVD見たりしてたところで唐突に好物を聞かれたい。

 


『…はい?好物?』
「おん、好物の意味わかっとるか?好きな食べ物ってことな?」
『失礼な…わかっとるわ………好物かあ…ん〜〜……最近めんたいこキテるかも』
「あーわかるわ!最近な、友達が博多のお土産でめんたいこ送ってきてくれてん、しかもこんっなデッカい箱のやつ!」
『えっ嘘!ヤバーイ!食べたい!』
「ふふん(笑)2日で消えたけどな(笑)」
『うそやんwwwwwwwwわしの期待返せやぃwwwwwwwwww』

 

 


そんな会話を昼ごろにしてから夕飯の買い物に来たけど、わたしは自分の好物を聞かれたことなんかケロっと忘れてる。

一方あっくんはしっかり買い物カゴにめんたいこを入れてくれてる。

 


そして帰ってからあっくんは

「ジャジャーン!今日はめんたいチーズもんじゃを作りまーす!」

と宣言してくれる……

 

 

すきぃ……

 

 

 


わたしもそれなりに頑張って手伝おうとするんだけど、「危ないから下がっとって、な?」て言ってくれたり…




すきぃ……(2回め)






あっくんは料理の手順といい手際といい女子のわたしよりも完ぺきだから、ネギしか切ってない!



あと皿の準備と箸の用意を手伝いました!(ヒモ)(しかし理想)









いただきます!!!(おい)

 

 

 

 

 




【朝起こしてほしいジャニーズ:中間淳太

寝起きの悪いわたしを上手に扱ってくれる。

 

 

 

 


前の日の夜から
「んで?明日は何時なん?」て聞いてくれて、
『8時に出る〜』て答えると
「ほーい…」て言いながらアラームを6:45と7:00と7:15の3つにセットしてくれる。





で翌朝、6:45の第1アラームが鳴る。
先に起きた淳太くんとわたしの格闘が始まる。

 

 

「ほれ、おはよう、6:45やで」
『まだ15分寝る……』
「ほな15分な」
第1ラウンドKO勝ち。







第2アラーム:7:00

 

「ほれほれ15分経ったで」
『……嫌や』
「なにが嫌やねん(笑)朝や(笑)」
『…学校行きたくない』
「そんなもんみんな一緒や!ホレ遅刻すんで!」
『ゆーてあと15分はいける…』
「あかん!俺も起こすのめんどくさいもん」
『……淳太くんまじイケメンほんとかっこいいインテリ金持ちクチビルセクシー欠点なし』
「ま、間違ってないわ。あと15分だけやで」


引き続き第2ラウンドもいただく。淳太くんチョロい。



 

 


最終ラウンド:7:15

 

「おーーーーーいもう寝てられへんで」
『…1限蹴ろかな(小声)』
「おまえそれだけはやったらあかん」
『化粧諦めたらあと10分浮くやん……?』
「それもあかん。睡眠とって女捨てるってなんやねん。ゴリラでもちゃんとめかしこむで」
『ゴリラは化粧せえへんもーん……』
「ほらもー!こーやって時間が過ぎてくねんで!はよ!」
『むぅ……さむい…』
「下にココアあるで」
『持ってきて……』
「……………………カシャ(写真を撮る)」
『………なに』
「このすさまじい寝顔・寝グセ・寝相……濵ちゃんに送られるか今起きるかどっちかの選択肢をおまえに与『おはようございます』



最終ラウンド持ってかれた……クソ……

 

 

淳太くんは濵田を使うなどの頭脳作戦で起こしてくれると思う。

 

しかも戦いも3ラウンドと細かく分けて体力をキープしながら。いい朝だ



 


【夜一緒に寝たいジャニーズ:林真鳥

 

 


「先にベッドで待っとって?」

 

 

と言われたので頭からつま先まで全身に気合を入れて、めっちゃ緊張して布団にもぐってたらスルッと入ってきたまとくん。

 


「は〜〜♡やっぱりあったかいなぁ♡」ってニッコニコしてくるまとくん。

 


まとくんの可愛さとこれから始まる時間のことを考えて顔から炎がブッフォオオォォオォオ!!!てなるんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?あれれ?手を出してこないぞ。

 

びっくりするぐらい手ぇ出してこない。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの緊張感に気づきもせず、

 

「こーやってなー?先にあっためといてくれるから、冬って好きやねん♡」

 

とか言ってぬくぬくしてやんの!!!焦らしてんのか?ねえ?そうか!!!!そーなのか!!!!まとくん!!!!しゅき!!!!

 


そんな感じで悶々としてるわたしと目が合っちゃう。

 

余裕のまとくんは「んふふ(笑)おりゃ!」てこしょこしょしてくるんだよね〜〜!!!!

 

がんじがらめっつーか絡まっちゃうっつーか!!!!どさくさ紛れにね!!!いろんなところを触っピーーーーーー(強制終了)





 


【洋服を一緒に選びたいジャニーズ:神山智洋

神ちゃんの趣味でわたしをマネキンファイブしてほしい(真顔)

 

 


『なーわたしこっちの系統のほうが好「そんなんちゃうわ!いや絶対こっちのが似合う!」

 

みたいなやりとりを永遠にやりたい。

 

 


神ちゃんがわたしに似合うと確信した服を押し付けてほしい。

 

有無を言わせずってやつ。


 

 

奇抜すぎる服も、
「見た目とのギャップっちゅーか…そーゆう意外性ってけっこうモテる要素やと思うねん」とか独特すぎる持論を展開しながらわたしのことをコーディネートしてほしい。



ほんで人のことさんざん好き勝手マネキンにしといて

「やっぱなんか惜しいねんな〜〜もっとこう……顔立ちかなあ…?なんでか俺の選んだ服やと似合わんのよな〜?」っていうムチャクチャな文句で締めくくられたい。

 

なにそれ。ともくんが楽しかったならいいけど。





【一緒にゲームしたいジャニーズ:重岡大毅

コンビニで売ってる、あの500gの特大プリンを賭けて真剣に戦いたい。

 

もちろんwii。DSのマリオカートでも可。

 

例えばマリオカートなら、大毅は勝つことよりもだんだんわたしにバナナを踏ませることが目的になってくる。

 

 

 

『ぐぉ!ちょ大毅!なんで目の前でバナナ落とすん』
「踏まんようにすればええ話やん」
『いやもうぶつけにきてるやんバナナ』
「そこにバナナがあるからや」
『…は?』

 

てなかんじでお互い画面を見ながらケンカしたい。

 

 


しかも大毅はクッパだからヨッシーのわたしを突き飛ばしてコースから落とすという楽しみ方を覚える。

 

「うぉ〜ら!ドォン!」
『ア?!?!!ちょ大毅?!?!!また落ちたやん?!?!!ええ加減にせえよ?!?!!』
「ヒャッヒャッヒャッヒャッwwwwwwだって…ヒヒッwwwwwwwwwwww自分の体重と真反対のキャラ選ぶからそーなるんやんwwwwwwwwwwww」
『オイ大毅コラ』
「あらよっとwwwwwwww」
『ア?!?!!また落とした?!?!!』
「ヒイwwwwwwwwヨッシー弱すぎるwwwwwwwwwwwwwwww」

 

みたいなね!!!アハハハハ!!!!

 

 

 

ちなみにこの勝負に負けたわたしはプリンをおごることになりましたが、大毅本人は「明日食べるわ」と言いながら後日照史くんに譲り渡すところを目撃しました。

 

 

 




【職場や学校に送り迎えしてほしいジャニーズ:室龍太

 

授業終わった直後に、

『駅に19:45に迎えに来てください!!』ってLINE送りたい人ナンバーワン。

 

 

ほんで

「急すぎるわ!」

という返信とともにちょいおこなスタンプを添えてほしい。

 

 

唐突にLINEしてもなんだかんだ来てくれるのがむろくんなわけで、むろくんが来てくれるなら何時間でも待つ。

 

電車で帰ったほうが早いとしても待つ。

 

 

 

で、遅いな〜と思って『今どこですか!』て送ろうとした瞬間に到着してほしい。

 

個人的にむろくんには日産ノートが似合うと思ってる。水色か白。

 

 

 


『寒かったー!』て助手席についたら、ホットのおしるこがある。(笑)

 

運転席のむろくんは「こう…な?意外と気がきくとこもあんねんで?」て照れくさそうに言ってるけど、いやおしるこじゃねえだろぉ!しるこじゃねえよソコ!!!!

 

『普通ココアとかホットレモンやん??!?!!』

 

てむろくんの絶妙に微妙なセンスにつっこんで

「お前らしいかな思てしるこチョイスしてるんやん!!!!いらんなら飲むな!!!!ほんで歩いて帰れ!!!!」

『待てぃ……しるこがわたしらしいて何なん……?』

「そのまんまや!しるこ娘!!」

てなかんじで、ヤーヤー言いながら帰りのドライブを楽しむ。

 

しるこはちゃんと飲む。




 

 

 


【LIVEのDVDを一緒にみたいジャニーズ:藤原丈一郎】


なんせわたしがライブDVDを見るとギャーギャー騒いだり突然泣き出したりするタイプのヲタクなので、非常に厚かましいんだけどDVDを見るわたしについていちいちツッコんでほしい。

 

 

『ッッッアァァァァァァア?!りゅうちゃん?!?!!イケメンすぎるのな?!?!!オゥ!?!?!!尊い!!!グァッッッア!!!!』
「ゾンビにでも襲われたんか」

『…ぐしゅん……限られた時で…どれだけの人に出会…え……るのかな……グズン…』
「俺に出会えた奇跡に乾杯やな」

『はま…!はま…はまだ……?!?!!はま……ァァァ……はまちゃ……』
「なんやおまえハマハマ星から来たブチャイク星人か」
『そこハマハマ星人ちゃうん』
「つい本音が」
『黙らっしゃい』

 


いたるところでちょっかいかけてくるので、腹立ってじょーちゃんが映ってるところをリピる。じょーちゃんは非常に照れる。

「……お、お、もうええやろソコ…」

『なんやかんやで丈かっこいい』
「な、そんな俺なんかもー毎日でも見れるやん、な?ほらココ、な、おまえの大好きな大地おるで大地」

『いまえくんはこないだちゃんと見たから今は丈の時間』
「ほーら大地かっこええ!オッ!でんぐり返ししとるでんぐり返し!」

『バク転てゆえバク転て。丈もここでやっとるやん。かーっこいい〜〜♡』
「ほーら大地を!右やで右!大地は右や!」


……いや……どこまでいまえくん推すのさ…




じょーちゃんカワイイかよ!!!!!!!!アッハッハ!!!!!!!!!!!!



 


【こっそり恋愛したい♪ジャニーズ】
これはねすごーく迷って自担を任命します濵田崇裕(凄まじいえこひいき)

 


まず濵田さん絶対ガード固い。

なんかもう「俺は絶対漏らさへんで」オーラに感化されて自然とわたしの口も固くなりそう。

 

 

そもそも濵田さんと付き合ってるとか周りに言いたすぎるし、こないだのお家デートの話とか車から見たイルミネーションの話とかニッタニタしながら周りにベラベラ喋りたい。

 

 


けど言わない。

 

だって、



こ〜の恋は♪まだ2人だ〜けの〜♪秘〜密〜だ〜から〜♪

(挿入歌:ダイスキデス/Kis-My-Ft2)



 

あと濵田さんの運転するクルマの助手席で口を開けながら寝たいな

(大変失礼)(それのんすけ)

 


「…ほんでそれが照史やってん!(笑)」
『……Zz』
「お?え?おもろくない?」
『………………ゴッ(いびき)』
「…………ッエエェエ…寝とるんかい…」

これで起こさずにほっとくのが濵田さんなんだよな〜〜

起こさない愛、的な♡(あくまで理想)

 

基本的にわたしが冷めてる人間なので、ここで起こされたら絶対キレる。(クズ)




…多分ね、しげおかくんは起こしてくる。

 

「うぉい!俺に運転さしといて自分真横で寝るてどーゆうことや!」
『アーッ!!!!起こしたな!!!!いい夢の途中で!!!!むろくんに壁ドンされとったのに?!?!!』
「どんな夢やねん!!!!しかもなんで龍太出てきてんねん!!!!起こして良かったわ!!!!ちゅーかムチャクチャやで自分!!!!」

 

いやしげおかくん正論だよ

 




気を取り直して。


あと熱望したら釣りも連れてってくれそう

『こんど釣りついて行きたい(釣り雑誌を片手に張り切る)』
「ハ?魚きらいやん」
『たかひろの釣ったのなら食べる!』
「そもそも釣っても俺食べへんし」
『ならイケるやん!』
「朝3時起きやで?」
『平気っス!』
「ん〜〜〜〜わかった、ほな絶対起きるんやで!」
『ふぁい!』
「お寝坊さんは置いてくで!」
『ふぁい!』





で、2人揃って寝坊したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たのひい。

こんな日常を頭の中で繰り広げてます

 

 

………遊びに来ます?

(ほかにコメントないのか)

 

 

言葉の続く限り、濵田ヲタクの目線で、なうぇすとを褒めちぎる

聴きましたかジャニーズWESTニューアルバム『なうぇすと』……………



f:id:jasmick:20161202144819j:plain






まさに『神ってる』!!!
(流行語大賞をかっさらう)









さて



わたしは言うまでもなく濵田くんをゴリゴリ推してるヲタクなんですけれども。












たぶん自分が誰のファンでも『なうぇすと』推すとは思うんだけど、

だけど、

濵田くんが大好きなら、なおさらマルっとこの『なうぇすと』が大好きになるに違いないので、濵田ヲタクから見た『なうぇすと』を言葉の続く限りに褒めちぎってみようと思う。










はまだくんから斬り込めばこのアルバムどこまでも語れる気がするので、かなりひいき目に数曲を引用して評価していきます☆

そして雪に願いをが長くなることはお察しください☆










まず #1 Unlimited

曲を聴くときはいつも車なのと、『なうぇすとは車でぜひ聴いてほしいな〜(θヮθ)』と自担のリクエストがあったので、フラゲした日も例のごとくウキウキしながらイオンの駐車場で『なうぇすと』を機器に差し込んだ。






途端に響き渡った重岡大毅の声



「そ〜♪僕らは〜♪」

のびやかできれいな声に吸い込まれそうになった。涙が出た。(早い)


このキレイな声が、アルバムのどしょっぱのソロを背負ったこと、そしてそんな重いものを感じさせない透明感たっぷりの歌声でアルバム『なうぇすと』の第一声を担ったことに対して涙が出た。


曲の最初からさすがに考えすぎだなーと自分でも引くけど、視聴で聴いたUnlimitedを絶対的センターが期待どおり、爽やかに斬り込んでくれたことがとっても嬉しい。




ほんでね濵田くん。(さっそくのひいき)

憧〜れ〜てきた〜♪夢〜のステージに〜き〜っとたど〜り着け〜るぅさ〜♪」


 
 
いやいやいやいや…
 
 



なんじゃこりゃ?!?!!(号泣)



序盤のダイキが伸びやか伸びやかって泣き崩れてる場合じゃなかった。
まだまだ凄いのが待ってた。

どんどん輝いてねって。てっぺん目指してみんなで走ってってねって。

 

………………ワタシは親か!!(笑)






あとこれはご理解いただける方も多いと思うけど、濵田くんパート「たどり着け〜るぅさ〜♪」の「け〜るぅさ〜♪」が好きな人多いよ絶対(確信)




RAPもいいよね。


EDMって最高なんですね。音楽はあまり詳しくなくて、EDMの意味もピンとこないような人間だったけれど、こんなにも『なうぇすと』の1曲めにふさわしい形で鎮座していてくれて本当に誇らしい。Unlimited誇らしい。

曲の感じの良さに上手くまぎれて、タイトルに隠れている彼らの限界のなさ(Unlimited)が、まさに「なう」のWESTを感じてまた涙がこぼれる。がんばれ!!






Unlimitedで「なう」のWEST最高〜とかいって余韻にしみじみしていると、聴きなじみのない昭和歌謡チックな曲調が耳に入る。


これが #2 いま逢いたいからしょうがない


個人的にどんぴしゃり。最高。



(嵐も好きだった人からすると、『青春ブギ/Are You Happy?』『マスカレード/Japonism』なんかに通ずるものがある)



昭和歌謡昭和歌謡だと言うけれど、古くささのない爽やかな懐メロみたいなものだと思ってもらっていいかもしれない。




3回用意されているサビの最後、1回めから順に藤井・濵田・重岡の通称GOOD三銃士(勝手に命名)が、

「今度はGOOD離さない」
「このままGOOD夢見せて」

これらのフレーズで畳みかけてくるから本当に勘弁してほしい。惚れる。






しかもこの三銃士ってば全員「GOOD」に力を込めてくれてて、3人がそれぞれ全員の「GOOD」で私の心をグッと抱きしめにかかるのでご用心を。


ここでウカウカしてられませんよ!!


6人のイケメンたちがいろんな言葉で誘惑してくるところを、最後に小瀧くんの「キスしようよっ」が待ち受けているから…
あんまりにも可愛くて、でも素敵で男前で……持ってかれる〜〜♡最高♡♡
この曲でものんすけは安定にいいトコ持っていきます。
「こっち向いて!マジ!マジ!マジ!マジ!」とかも結構好きだよ(笑)


「CHO-ECSTASY」でもそうだけど、のんちゃんに「マジ」の歌割を当てることは義務化したほうがいい。

なんてったってチャラい!!!
のんちゃんの「マジ」はマジでチャラくてマジで最高。














#6 You're My Treasure
#7 Colorful Magic


こちら2本はガチャガチャした曲ではなくて、しっとりと歌い上げてくれる感じ。
でも逆にずっしり重いバラードとまではいかなくて、(前回も書いた気がするけど)わたしはこういったミディアムバラードを表す擬音語は「さらさら」が適当だと思ってる。結構本気で。



Treasure(略しました)に関してはのんちゃんの英語にうっとりする。

the only oneを「ディ・オンリーワン」てサラッと言えるのんちゃんほんと素敵……

ラスボス小瀧望が曲の最後で英語で語りかけてくるところはもう……罪な……ね…………?超…イイッ……よね……



のんちゃんには1回でいいから、歌詞がほぼ英語になっているソロをいつか任せてもらってほしいという願望を持っておる。





Colorful Magicね……なんてかわいい冬の歌なんだろう(号泣)



はまちゃんが2番で「かじかむ指先 そっとつつみ込む掌」とか言うやん
 
 
 
 
 

ハンドルを握る手が何だかかじかんでる気がして、信号待ちの間に思わず自分でつつみ込んでみたよはまだくん!!!!
 

こんなヲタクどうですか!!
 
 
 
 




…………末端冷え性だからさ、かじかんだ手を包む系の歌詞にほんと弱いんだ私
 


まさかはまだくんがそこを歌ってくれるなんて!!!!(合掌)
指先が冷えるタイプの女性で本当に良かった!!!!!!!!!!!!








 




#10 雪に願いを


……………………………………人間は本当に感動すると言葉が出なくなることを21になって初めて知った。

お待たせしました。「雪に願いを」。





まずイントロで、フワッて。
あ、雪だ。つって。雪が見えたんです。

よく見たら綿ボコリでした。(幻覚)








そりるべびが〜♪
そりるべびが〜♪
そりるべびがっあっあ〜♪


「去年と同じようになんて とても笑えそうにない」






もしこれがさ、きみメロのアンサーソングだとしたら?って思うとどうなるか予想してみようか?




「2度目の冬 その肩を抱き寄せてキスをしよう」と誓った

やっと待ちわびた2度目の冬が来た

それなのに「君がそばにいない」せいで、去年と同じように笑えなかったとしたら…………………?






(膝から崩れ落ちる私)








ねえ………それ濵田崇裕が歌ってるんだよ……

泣けない……?

てか今さらだけど濵田くんの声って切なさマックスで最高に泣けない……??






で、サビだよ!!!!
視聴で聴いたところ!!!!

こんなにもこんなにも!!!!
愛しています!!!!

なぜに敬語を混ぜてきた!!!!

よくわかったね!!!!
正解!!!!大正解!!!!!!!!

ここで「愛しています」の敬語にのせられた切なる願いが、祈りが、強調されて曲の切なさをグッと引き上げると思うんだ。
超号泣ポイント。











サビさぁ!!!!!!!!!!!!

「愛しています」の「愛」部分をとても良い歌い方してらっしゃる……

文字じゃうまく表せないところを無理やり表してみると、「ぅあぃし〜ていまぁ〜すぅ」みたいな歌い方をする濵田さんが大好き。最高。



のんすけの「愛しています」ももちろん好き。
本当に双方よろしい歌声で!!!!



はまだくんはなめらかに上下する曲線みたいな歌声、的な?
で、のんちゃんは上のほうでツーっと張っててくれる歌声のイメージがあるな〜〜





₍₍⁽⁽(ી(  私  )ʃ)₎₎⁾⁾←濵田くんが1番でリード担当したことを視聴で知り、ならばのんすけは2番以降でリードするとの予想が当たったのですこしハッピーなヲタク








はまだくんのバラードを全力正座待機しながら楽しみにしていたら……のぞむくんと一緒に期待に応えてくれた………………



どっちの歌声も好き!!!!
この曲永遠に大切にしたい!!!!
この曲と出会えて良かった!!!!
断じてオーバーではない!!!!









こりゃ願われた雪もたまったもんじゃないわな!!!!!!!!!!!!


私が雪なら溶けます!!!!!!!!!!!!




ベタな感想だって?


知らない!!!!!!!!!!!!










#11 ボクら




雪に願いを〜〜(号泣)
はまこたァ〜〜〜〜(号泣)

ってウズウズしてる私を、照史くんの歌声がそっと包んでくれる





『照史……くん………………?』って涙が止まりかけたところで



ご機嫌ナナメの横顔も、ほらね just smiling now









(膝から崩れ落ちる私)

(デジャヴ)





いただきましたよ「ご機嫌ナナメ」!!!!






どうしてこうもはまだくんは、私の心をくすぐるフレーズを歌ってくれるんだろう……

はまだくんが「ご機嫌ナナメ」って言うとさ、めっちゃ胸がきゅーってならない

機嫌が悪いとか不機嫌じゃなくて、ご機嫌ナナメ。
作詞したさくらももこさんに感謝の意を述べたい。



すごく嫌なことがあった私に、はまちゃんが会いに行くよと言ってくれた。
ヘコんでる私の横顔を、ご機嫌ナナメさんやな〜ってへらへら笑って見ててほしい。



はまちゃん好き( i _ i )( i _ i )







そして「キミはキミのために生きるんだ ボクはキミの陽だまりになる」ね





そのセリフこちらに言わせてください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



あんたらもうすでに私の陽だまりだってば!!!!
もはや太陽だってば!!!!(号泣)
だから私らが陽だまりになる!!!!
あなたたちはあなたたちらしく!
しっかり生きて!!輝いて!!!!!!













『雪に願いを』『ボクら』で流した涙を無鉄砲ボーイズがそっとぬぐってくれるところも見逃せないよね……(笑)


ライブでは無鉄砲3人がメンカラのスーツとハットでメンカラのステッキを振り回しながら登場してほしい。





そしてワンチャンの「一生懸命なんて全員がやってることだから」が胸に突き刺さったことだけは特記しておきたい。








たくさんたくさん魅力をお話してきましたが、これはほんっの一部でまだまだ語りたいことたくさんある…………
エエやんけェ!とかギラギラブベイベーとかさぁ……かわいいもん…
 
 
 

総じて濵田ヲタクとして『なうぇすと』について話すと、このアルバムの良いところは、はまちゃんが下のパートばかりに走らずに、比較的高いパート多めで曲全体のレベルを引っぱり上げまくってること。
 
 
 
歌う濵田崇裕がとにかく大好きなんです!!!!(号泣)
 
 
 

はまちゃんの低音も大好きだし、結局はまちゃんなら何してても好きだけど(オイ)、レコーディングやライブで気持ちよく歌ってるであろう自担:はまだくんのことを考えたら本当にいい歌が揃ったなって思う。
 






そんな濵田くんヲタクからしたらたまらない作品なんです、『なうぇすと』

 
お求めはお近くのCDショップへ!!
 
 

なうぇすと視聴した感想まとめ 〜ネタバレのオンパレードやで!〜

優しい優しいお友達のおかげで、なうぇすとを家に帰る前に視聴することができましたデュフフフ。
幸い教室にはわたし一人だったので、携帯を高らかに鳴らし、顔面のニヤケスイッチを全開にしてヲタテンションフルスロットルで再生しました。ドヤァ…
気持ちが溢れて止まらないので、
 
語ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Unlimited
昨日のもぎ関で言ってたEDMとはこのことか!とはしゃいだ。
ひと通りはしゃいだ。(まだ1曲め)
爽やかでつるつるしてて曲調がタイプ!どんぴしゃり!
つるつるってなんだよ!
ラップの感じもすき。
 
 
 
 
いま逢いたいからしょうがない
もともと昭和歌謡みのあるジャニーズ曲が好きで、別のグループになるんだけど、去年の嵐のアルバム『Japonism』に収録されてるマスカレードがまさにわたしの好みの象徴でして…
昨日もぎ関で「白のスーツ上下に西城秀樹っぽいヒラヒラをつけて踊ってる感じ」と言われてから『それ昭和歌謡やんけ!!!!』と直感で感じて、聴くのが楽しみすぎてソワソワしてた。
 
まさか翌日に聴けるとは思わなかった!!!!
はい好き!!!!超好き!!!!
 
ひとつひとつのフレーズと、わたしの好みどんぴしゃりのメロディーが心をぐっと離さない(泣)
早くもライブでの演出を楽しみにしてるヲタク
 
 
 
 
 
 
エエやんけェ!!
タイトルだけ聞いて、完全に頭の中が18禁状態だったから一体どんな歌か……と思ってたし、もぎ関でも男性パート女性パートだの街コンで歌ってみてほしいだの、怪しげな宣伝の仕方だったからいざフタを開けてみたら。
 
 
シゲ……
え、シゲ……?
 
 
б(^ヮ^=)………?
 
 
 
めっちゃシゲみたいな歌だなって。
シゲちゃんが淳太くんにイタズラしてるみたいな歌やなって。
 
 
(б∀б)…オイ
(б∀б)……何してんねん
(б∀б)…………シゲ
(б∀б)………………オイ!!シゲェ!!
 
 
 
の4コンボを経てから再生したいよね
(あくまで個人的感想です)
 
 
 
 
 
I got the FLOW
りゅかみちゃん!!!!!
イメージ通りすぎて!!!!
模範解答すぎて!!!!
待ってたよ!!!!
 
まさにりゅかみを説明するに値する曲調とカッコよさっつーの?!?!!
もっともっと長いこと聴いてたかった…
 
視聴めっちゃ短く感じた…気のせいかなあ?( i _ i )
 
 
 
 
 
 
You're My Treasure
簡潔に言うとYou(ジャニーズWEST) are all my treasure.
自担のソロに溺れました。
このアルバムの中だとバラードの分類に入る?のかな?
(バラードとその他の区別ができない芸人)
 
仮にバラードだとしたら、すごくサラサラした曲調でミディアムバラードって感じ!
(さっきから擬音語の使い方が下手くそ)
はまちゃんにバラード歌わすと強いな〜〜!好き!
 
 
 
 
 
Colorful Music
こちらもゆったりしててすき!
ライブでやるならトロッコに乗ってしゅ〜って歌ってほしいな。
もしくは一緒に踊れる簡単なフリがあると楽しいかも。
視聴段階で聴けた照史くんの声がなんとも素敵でうっとりした…。
 
 
 
 
 
ギラギラブベイベー
曲目を見た瞬間に『ナンダコレ』と思ったもの第2位。
(ちなみに1位は大阪弁ら〜にんぐ)
 
予想通りぶっとんだ曲だった(笑)
すき!ほんとにすき!嘘じゃない!(笑)
 
ノリももちろんだけど、具体的には歌詞が簡単でいい!(笑)
ギラギラのアゲアゲのウェ〜イ♪みたいな
(うろ覚えにもほどがある)
 
簡単な歌詞とノリだから、メンバーの素の表情が覗けて楽しそうだな〜!
と同時に昨日のもぎ関で「すぐレコーディングが終わった」と照史くんがゆっとった意味がわかった(笑)
 
 
 
 
 
Believer
ものすごい独断と偏見を露呈しますけど、
NEWSとKAT-TUNのハーフみたいな曲調(笑)
一言で言うとかっこいいんだけど、WESTのかっこいいがわたしの中ではパリマニとかBreak Out!のイメージになるから、それともちょっと違うなって。
かっこいいにもいろんな種類があるんだなっと。
もし自分に莫大なカネがあったらBelieverのPV作ってワンチャンと両面カッコいいシングルとしてもう1回発売するという暴挙に出ると思う。
 
 
 
 
 
 
雪に願いを
お待たせしました!!!!
全私が泣いた!!!!
まさかの!!!!
リードボーカル濵田!!!!
小瀧のサポートで下パート多めなのかな〜と思っていましたところ!!!!
視聴ではメインでしたね!!!!
号泣しないわけがない!!!!
だから言ったでしょ!!!!!
はまちゃんにバラード歌わすとすごいんだよ!!!!!!!!
素敵!勝訴!歓喜!幸福!希望!夢!愛!平和!(頭悪い)
2番はのんすけメインなのかな?
ひとまずはまこたに乾杯🍻
これは本気で、できることならドームでも披露してほしいんだけどな〜?(上目づかい)
 
 
 
 
 
 
ボクら
大好きな大好きな雪に願いをのあとでボクらぶち込んでくるジャニーズWESTニューアルバム『なうぇすと』ほんと罪
 
照史くんの優し〜い歌声でフワッとさせてくれたあとのハマダタカヒロ!!!!
ねえ!!!!
イントロだけで泣いてティッシュひと箱消える自信ある!!!!(盛った)
 
ご機嫌〜ななっめの〜横〜顔も〜ほ〜らね〜じゃすまいりんな〜う♪
(歌いたかっただけです)
 
さくらももこさんのバラードの世界観が本当に大好きで。WESTに任せてもらえたことに本当に感謝しかありません。届け、ありがとう
 
 
 
 
 
無鉄砲ボーイ
どんな提案をしても軽快にNoNo♪される無鉄砲ボーイズは本当に好き。カワイイ。
なんども立ち上がる感じもカワイイ。
頑張れって応援したくなる(笑)
クレヨンしんちゃんの主題歌にできそうな感じ。
 
トンチキ照史くんすっごい好きだけどやっぱ存在感すごい。
 
初めて無鉄砲ボーイがしげと照史くんと淳太くんて聞いたときは、しげじゅんのトムジェリに照史の美声が…みたいなミュージカルをイメージしてたけど、わりとそんなでもなかった。
 
「無鉄砲」がいい感じにフィットしててクスッと笑えた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大阪弁ら〜にんぐ、ワンチャンは聴いたことあるのと、ちょこちょこツイートしてたので省略しました!
ボクらば大好きすぎるので語りました!(笑)
まだ視聴でしか聴けていないけど、本当に本当にこのアルバム素敵!!!!
買う!!!!(知ってる)
 
買ったあとにも改めてつらつら何か書きたい。まじで。
あと雪に願いをについてもダラダラ書きたい。これもまじで。なんならこっちのがまじ。
 
 
あ〜〜!!!!
はやくアルバム〜〜!!!!(歓喜)

Funky8が少女マンガすぎる話

ジャニーズフューチャーワールドに行ってきた。

 

 

 

関西ジュニア沼の入り口の真ん前でオドオドしているようなヲタクだったので、豪快にその沼に突き落とされたような気分だった。

 

 

 

 

ドリステの舞台挨拶以来に会いに行った関ジュ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高だった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

泣いてしかいない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

少しずつではあるけれど、関ジュ・特にFunky8のことを知っていくたびに、『このひとたち少女マンガの世界のひとだ』と、確信に近い形で思うようになっていったので、誰がどんな感じで少女マンガなのかをここで少し布教したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公:あなた

Funkyさんたちの設定によって高校・大学と学年がコロコロ変わる。

どのメンバーとも何らかの形で何か起こる最高のポジション

 

 

 

 

 

 

 

 

高校編>>

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー1.朝田淳弥

 

毎朝、最寄り駅を7:44に出る電車に乗るといつも後ろから2つ目の車両にいる人。

けれど帰りの電車ではなぜか絶対に遭遇しない不思議な人。

着ている制服を見る限り市外の学校に通う他校生。

車内に差し込む日の光を浴びながら文庫本を片手で読む姿が美しい。

 

 

なかなか目が合わない

 

てか目合ってるのかもしれないけど逆光の朝日がまぶしすぎてむしろ見えない。

部活の朝練の時間の電車だからゴリゴリのリュック派が多い中、唯一の黒革のスクールバッグ。

定期入れだけがものすごくダサい。

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー2.末澤誠也

 

高校の生徒会長。(実際の話が少女マンガすぎてそのまま採用)

頭脳明晰。理系。定期テストの順位は1位以外知らない。

 

人間観察がすごい。生徒会内の恋愛事情を全部把握している。

会長自身が茶髪だったり冬場には派手色カーデを着用したりと、それまでの校風をくつがえす生徒会長なので、学生からの支持も厚い。

 

先生の機嫌をとるのが上手く、気に入られているので先生たちは何も言われない。ゆえに学校内の雰囲気も良く、受験者数は毎年増加の一途をたどる。

おそるべしスエ様

 

当然ながらスエ様のファンクラブは存在する。

学校中の女子をキャーキャー言わせるクールな雰囲気を持ちながらめっちゃ動物が好きだったりする。

先週は飼育小屋のウサギを抱っこする姿を1年女子に目撃され、スエ様ファンクラブの間でホットな話題となっている。

 

 

 

 

 

エントリーナンバー3.藤原丈一郎

 

同じクラスのひょうきん者。

クラスメイトにセンスのないあだ名をつけがち。男友達が多い。

 

先生が黒板に書いた誤字脱字に光の速さでツッコむ。

『えっ先生!「ここで符号が変わることに注する」って何ですか?えっ例えばかわいい女の子が符号間違えとったら、符号間違うてるで!ってチューしに行っていいんですか?』的な。

 

数学が得意だけど理科が驚くほど苦手だから文系のクラスにいる。

 

ゲームを持ってきていて、休み時間に必ず友達とマリオカートをやっている。授業終了3分前になるとソワソワしだす。

 

制服の着くずしが絶妙でめっちゃカッコイイ

夏場はズボンのすそを七分丈くらいにまくって、街で配ってる進学塾のウチワをパタパタさせながら『あっちぃ~~』を連呼する。

 

生徒会長の末澤君と仲がいい。

爆モテスエ様の横で『あ゛~~~~~~~俺もモテたい~~~~~!!!』とよく絶叫しているけど、学校の女子は末澤派と藤原派の2大勢力に分かれていることを本人は知らない。末澤君は知ってる。

去年もらったバレンタインチョコは全部義理だと本気で思ってるタイプ。鈍感

 

好きな飲み物はアクエリアス。ポカリはあんまり好きじゃない。

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー4.古謝那伊留

 

塾が同じ。

隣の高校に通う他校生。制服的に朝田君と同じ高校。

志望校別のクラスが同じで、赤本も同じものを持ってたからおそらくわたしと志望している大学が同じ。

 

世界史と生物がものすごくよくできる

世界史は特に中世ヨーロッパに異常に詳しい。

生物ではウワサによると全国模試でトップ10の常連に入っているらしい。

 

 

誰よりも早く自習室に来て勉強している。

毎日午後5時になると15分の仮眠タイムに入る習慣。

午後ティーのレモンを500mlのパックで買ってストローをさして飲んでいる

 

大学生アルバイトの真鳥先生と仲が良くていろんな話をしているところを何回か見かけた。

 

単語帳に付せんをいっぱいつけがち。

あと手の甲に名前ペンで『双子の赤字 意味』みたいな感じでいろいろ殴り書きしてある。

紙の辞書をこよなく愛する。ペン回しを最近練習している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学編>>

 

 

 

エントリーナンバー1.草間リチャード敬太

 

大学の近くにあるスターバックスバイトのお兄さん。

 

牛乳を泡立てるのがめちゃめちゃ上手い。フワッフワ。エスプレッソマシーンの匠。リーさんの作るラテは世界一美味しい。

おつりの小銭が多いと上手に渡せない。おつり948円とかだとまれに1円玉を落としたりする。

 

ずっと留学生だと思っていた。違った。ダンスサークルに所属しているらしい。

 

新作目当てでスタバに通ううちにめちゃめちゃ仲良くなった。

最近は『あっ次の新作来週の土曜日からッスよ』と必ず声をかけてくれる。

 

注文したドリンク名の下に描いてくれる絵はものすごく下手だけど憎めない絵。リーさんいわく『似顔絵ッス。今回マジ傑作ですよ』らしい。似てない。

 

窓際のカウンター席に座ることが多いので、窓を拭くだのブラインドをあげるだの何かと理由をつけながら近づいて話しかけてくる。話しかけてくる割にわたしの話をめっちゃ聞いてくれる。めっちゃ聞いてくれる。(強調)

 

リーさんの相づちはだいたい『あー。うん。うん。そうだよね~。はいはい。うん、ね。ありがち。そう。うん。』

8割5分聞いてないんだろうけどそれでも安心させる不思議な力がある。

 

退勤後は黒のパーカーを全閉めして帰るスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー2.今江大地

 

わたしがマネージャーをしている部活のキャプテン。同い年。

 

差し入れ定番のはちみつレモンはあんまり好きじゃない。試合前にはウィダーと茎ワカメを食べる。

試合前夜にはぐっすり寝ることを意識するあまりなかなか眠れない。

 

車で通学している。芳香剤は絶対にシトラス系を守り抜く。車内に必ずアメちゃんを用意しているという同乗者へのサービス精神は部内でも定評がある

 

マネージャーにとにかく優しい。甘い。女子にこんなことやらせないと言わんばかりに雑用も一緒になってやっちゃうから、部員に「探したんスよ!何やってるんスか?!」と怒られる。

 

他のチームメイトは出会いの場としか思っていない交流戦も、高校からのくせで他大学との試合は本気で挑む。その本気さがかえってカッコよすぎるため、他大学の女子の目線は今江君にくぎづけ。

 

今江君のスポーツバッグには見たことのないサカナのマスコットがついている。本人はそれをえらく気に入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー3.大橋和也

 

同じ学科のいつめん。

 

電車で1時間ぐらいかけて登校している。

電車が遅延しているとわかると、車通学のわたしに『あの…(>_<) 駅から学校まで…(>_<)』と連絡してくる。

 

ミスタードーナツでアルバイトをしている。

本人いわくバイトに入った日は食べきれない量のまかないをもらってしまう。

そのため毎週火曜日は『なーなーお昼もう買ったー?フレンチクルーラーめっちゃ余っとるんやけどさー…みんなで一緒に……どう??(ニッコリ)』といった誘い文句で軽快にわたしを肥やしていく。

 

授業は絶対にサボらないし寝ない。

いつめんみんなが爆睡していることを確認すると、その日の夜のうちに『みんな寝とってさみしかったんやでー?(>_<)』というメッセージとともにノートやプリントの写メをグループLINEに送ってくれる。超カワイイ

 

飲み会ではすぐ真っ赤になってニコニコしながら寝る。

カシスソーダとファジーネーブルが大好き。酔っぱらった男子に襲われがち。

大橋君本人は、酔っぱらうとおしぼりでずっと机を拭きながらみんなの話を聞く。

電車通学だからか、時刻表を毎日持ち歩いている。

いろんな線の終電の時間に詳しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー4.林真鳥

 

サークルの2つ上の先輩。

飲み会の張り切り方は異常。

バカみたいに人に飲ますくせに自分は盛り上げに徹するあまり全然飲まない。し、珍しく飲んでも絶対につぶれないから先輩はみんな「鉄壁真鳥」と呼んでいる。

つぶれた人の介抱をしっかりやる。爆モテ

 

後輩をものすごく大切にする

真鳥先輩とご飯を食べに行くと、トイレに行っている間に会計が済んでいる。

後輩におごった後のキメ台詞は、『おれがおごった分はな、お前たちに後輩ができたときにおごってやれよ』

これでサークルの1女2女はもろとも、男子をも爆破する。

 



アルバイトは塾講師をやっていて中高生からの人気も高い。

白衣がえらく似合う。

全教科、質問にはなんでも答えてくれる。

難関高校出身で生徒の進路相談にもよく乗っている。

女子生徒の恋バナも真剣に聞いてあげる。その恋のサポートも抜群に上手いため真鳥先輩の塾にはカップルが多数。

 

高校から4年ほど付き合ってる彼女がいるらしいが、自身のSNSには彼女ネタをあんまり投稿しないため、記念日の10月に彼女の存在を遅れて知った真鳥先輩ガチ勢の1女はしばらく寝込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

――――――――――――――――――――

 

 

やばい超楽しい…………………………

念のため言っておきますが全部妄想です………………………………………………………………………………………………………………

こんな人たちおったら学校うんと楽しくなるやつだこれ……………………………

 

 

 

ちょっと前に見た夢が、なんだったか忘れちゃったんだけども

寝ぼけながら殴り書きしたメモに『丈一郎という彼氏がいながら真鳥先輩に飲みに誘われて動揺しているところをスエ様に目撃された』と書いてあったのがきっかけでここまで設定が広がった。

楽しかった…………………おやすみ……………………………

 

 

 

 

 

わたくしごとですが濵田くんと誕生日ディズニーに行ってきました。

ヒルナンデスでばどがディズニーに行っていてうらやましくなったので、先日付き合って3年目のたかひろと誕生日ディズニーをしてきたときの話です

 

 

 

 

「なー」

『ん~?』

「来週の日曜空いとるよなー?」

『来週て2日のこと?』

「おん、誕生日」

 

 

 

 

 

ブッフォ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

今年のたかひろは誕生日空けとけよってどストレートに言ってくるんだ!!!!!!!!!!!!!!

付き合って3回目にもなるとサプライズじゃないのね!!!!へえええええ!!!!!!!!

 

 

 

 

「ネズミの王国行くで~楽しみにしとき~」

 

 

 

アッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

それも言っちゃうんスね!!!!!!!!!!!!

 

いやいいけど!!!!!!!!!!!!!!!!!!

楽しみだけど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで今年の誕生日はディズニーに行く。らしい。

 

 

せっかく久々のディズニーだし~年甲斐もなく2人でミッキーミニーとかやりたいな~!あああたかひろのミッキー絶対かわいいしなんならミニー着せちゃいたい~~かわいい~~!!!なんてウキウキしちゃう乙女なわたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日になかなか眠れなかったのはお互いさまみたいで、2人して行きの新幹線で爆睡しちゃうんだよね

 

 

 

 

 

開園して、「さ~楽しむで~!」ってパークに入った瞬間に背中をバチーン!!!と叩かれたから

 

『いったいよ!なに~?』てヒリヒリする背中をさすったら、右手にペタッとくっついてたのは「Happy Birthday!」のシールで

 

 

「今日ちゃんと言ってなかったな!誕生日おめでとう」

なーんて言ってにこにこしてるんだからも~~~~~~~たかひろ大好きだよぉぉぉぉぉぉ??!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

今日はたっくさん嬉しいことしてくれるんやろなあああ!!!!!!

 

 

 

 

 

日曜のわりにそんなに混んでいなかったこともあって、それなりにアトラクションもショーもグリーティングも完ぺきにまわれたのでご満悦なわたしたち。

 

 

 

 

 

(ここで余談だけど、憧れのミッキーミニーはわたしが直前でものすごく照れくさくなったので、たかひろにはチップの帽子をかぶってもらってわたしはデールをかぶりました。たかひろには「恥ずかしがるとこ絶対間違うてる(笑)」と笑われました。)

 

 

 

 

 

腹ごしらえを済ませお腹いっぱいになったので、ちょっと早いけどお土産みてのんびりしようか~てことになったんだけど

 

 

 

ディズニーが久々過ぎて、グッズがかわいい!!!!!

家族に友達に職場に…て、お買い物が楽しすぎて1人で暴走。

 

 

 

 

 

 

 

ん………?????

これはいいチャンスじゃね………………???????????

 

 

 

 

今日連れてきてくれたたかひろにお土産買っちゃおうかな~~~

おそろいとかかわいいよな~~~~~

マグカップ?ブレス?うっはあ!!!なににしようかな~~♡

とかいってさあ!!!!悩みたいんだよね!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

「おったおった!!探したんやで~?」

 

 

 

買い物が楽しすぎてはぐれても怒らずに「長かったな~なんか可愛いもん見つけたん~?」て聞いてくれるのがうちのたかひろなんです!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

思いのほか荷物が多くなりロッカーに預けたいねってなったので、ロッカーに詰めに行くことにした。

 

 

わたしが先に空きロッカーを見つけたから小銭を出そうとしてカバンもぞもぞしてたら、「見つけるの早いわ~」とか言いながらすでに手の中に600円握ってんのがうちのたかひろなんですわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで身軽になったわたしたちはクルージングでパークをゆったり1周。

 

 

 

(言うの忘れてましたが、ディズニーシーにお邪魔しております)

 

 

 

 

 

 

「だいぶ日も落ちてきたな~…お腹すいとる?」

『わりと!』

「ほな夜ごはん食べよか!」

 

 

 

 

 

さあさあさあさあさあさあさあ

 

 

 

ここからですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかひろは一体どんなサプライズを仕掛けてくるんでしょうね????(満面のニヤニヤ)

 

 

わたしってほらカンがいいほうだからさ、予想としてはデザートあたりになんかやってくるんだろうなと思ってる。(真顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

着いた先は!!!!!!!!!わりといいカンジのレストランじゃん!!!!!!!

 

 

たかひろカッコイイ~~~~~~~フウゥ~~~~~~~!!!!

 

 

 

て小躍りしてるのを心のうちに秘めながらクールを装うのに必死。ただ必死。

 

 

 

 

 

 

 

 

コース料理も残すところデザートのみというところで、楽しみが抑えられないわたしは口角がすごいことになっていたと思う。

 

 

思う。

 

 

 

 

思う…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「や~美味しかったなあ!」

 『そうだね!(空元気)』

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、なんもなかった。

 

 

ケーキの中に指輪がゴリッ的な超素敵な予想をしていたので、テンションの急降下が著しい。

 

 

いや、おいしかったし、たかひろデザートについてたゼリーのこと急に「寒天」とか言い出して個人的にはその寒天事件が今日のハイライトなぐらいに楽しかったけどさあ………

 

 

 

 

 

ハッ……………………………?!?!??!!!!?!?

 

もしやこの後の花火………………………………………??!???!!???!?

 

 

期待していいのね!???!たかひろ?!?!??!?(単純)

 

 

 

 

 

 

 

 

てな感じで花火の途中でもわたしの心は勝手にとてもザワザワしていた。

 

 

いつロマンティックなキッスが降ってきてもいいように自分の可能な限りの美しい顔で夜空を見てた。

 

 

 

 

 

 

うん、なんもなかった。(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして残すところはわたしが『夜のタワテラから見える景色ってめっちゃキレイなんだよ!!』とゴリ推ししたタワーオブテラー、わたしたちが取ったのは最後の時間帯のファストパスだった。

 

 

 

 

スイスイ進むファストパスはラッキーなことにわたしたちがいちばん最後のゲストで、部屋を貸し切りの状態で乗ることになったからもうテンション急☆上☆Show!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

『貸し切りってやばない?!貸し切りってやばない?!』

「やばい!めっちゃやばい!」

『写真あるやんね!あっこで派手にポーズしたろうや!』

「する!そやわかった!誰にも見せれんような変顔しようや!」

『変顔!おもろいほうが勝ちな!』

「っしゃ!!負けへんで!!」

 

 

あああ~~~~~~いい年しても一緒にはしゃげるたかひろほんと楽しいわ!!!!!大好き!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

1番前の真ん中に座らせてもらったんだけど、タワテラって全部の席のベルトがはまってないと動かないじゃんね?(うろ覚えだけど)

 

 

なのでスタッフさん数人がかりで全ベルトをはめてる中、わたしは最っっっ高に面白い顔を考えて隣のたかひろに「こんな顔どう?これは?」って見せちゃってるの。デヘヘ。

 

 

 

 

 

 

 

そんで案の定てっぺんから見えた夜景はとっても綺麗でした!!!!!!!!!!

わたしの人生の宝物です!!!!!!!!!!

ダイスキデスダイスキデス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(どさくさ紛れ)

 

 

 

 

 

 

夢のようなタワーオブ貸し切りテラーも終わって、撮れた写真をチェックしようとモニターを探すんだけど、2人だからすぐ見つかっ…

 

 

 

 

 

 

??!??!?!???!?!??!?!??!??!??!?!?!!!??!

 

 

 

 

空席が??!?!?!?!!?!??!?!?!?!

 

 

 

 

 

 

た ん じ ょ う び お め で と う

こ    れ    か    ら    も    ず    っ    と

大    好    き    や    で    〜 !    !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかひろ(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呆然と立っているわたしの横で、すでに写真を購入したたかひろは「見てみてこれ、ぶちゃいくやな~(笑)降参降参(笑)」て写真見ながらケラケラ笑ってるから涙が出てくる。

 

 

わたし一生懸命変顔したのにたかひろすっごいカッコよく決め顔してるし!!!!!(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…まだわたしの顔で笑ってるし(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

「ビックリしたやろ~?バレてまうかなってめっちゃヒヤヒヤしとったんやで~?」なんて得意げなこいつがとってもカッコよくて可愛くて恋しくてニクい(´;ω;`)好き(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

(ついさっきまでカンはいいほうだと豪語していたことは忘れてほしい。)

 

 

 

 

 

 

 

しみじみしていたら閉園まであと数分ってなったので、ロッカーに急いで寄った。

 

「ん」ってカギ渡してきたから、ロッカーあけたら

 

 

 

 

『っえ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅうぎゅうにおみやげが詰められたはずのロッカーの中には小さな箱だけが入っていて

 

『????…おみやげ?』ってなってるわたしに近づいてきて

 

 

 

 

 

ほっぺむにゅってして、「ええか?1回しか言わんからな?」て真面目な顔で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…ぶっちゃいくな顔やな〜(笑)」

  

『たかひろがほっぺつまんでるからやん』


「ほんまにぶっちゃいく(笑)」


『うるひゃい…そんなにぶひゃいく言うたらスネるぞ』


「はは(笑)ごめんて、な?……俺がもろたるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 もろたる…………?

もろ……たる…………





「結婚しよか」

 

 

 

おいまじかたかひろ(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

 

好き(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(爆発)

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

もうこれわたしの経験談でもなければタワテラで貸し切り状態なんてあり得るのかわからないのに書き殴りました。挙げ句の果てにシンデレラ城でもなんでもなくロッカーでプロポーズしちゃったりして、いろいろとズッコケでしっちゃかめっちゃ、、

けどなんにも考えていないようで考えていてくれたことがクサくてニクくて可愛くって大好き!なのが濵田な気がして、(笑)

 

ロッカー空っぽのタネ明かししとくと、濵田くんお土産とは別に空きロッカー見つけてせこせこ指輪入れとくんです。

ごそごそやってたら意外と早くわたしが空きロッカー見つけちゃったから、「見つけるの早いな〜」なんて言ってたし、そういえばロッカー代の600円も秒で出てきたなあ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はディズニーランド行こうね??

 

流行りに遅れてじゃにおたバトンをやってみたらものすごく楽しかったハァハァ

じゃにーずおたく自己紹介バトン


【名前】

たろみん

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

濵田崇裕


好きなところ:

笑うと目がなくなるすてきなお顔。すーっと伸びる高音も優しく響く低音も耳に心地いい歌声。本人は嫌いだ苦手だと言うわりに抜群にキレのあるダンス。神山くんに絶対に負けたくないとお互いに磨きをかけて日々かっこよくなるアクロバットすらりと伸びた手足を含めた抜群のスタイル。真面目なときにはちゃんとやるけどアホするときはどこまでも貫いてるアホ。それでいて先輩をちゃんと立てたり後輩の面倒をよく見てあげるところ。国民の女の子みんなのリア恋枠にハマる(かなりいい意味での)素朴さ。なで肩のパイオニアであり先輩である櫻井翔公認の矢印のようになでた肩。そんな肩を触らせてあげるところ。こしょばいのに我慢して触らせてあげるところ。演技で見せる人間味が全く感じられない蔑みの目線。セリフのないところにも気持ちを込めて演技をするところ。演技の先輩やジャニーズの先輩から学んだことをしっかりと覚えて生かそうとする姿勢。メンバーといるときの心から笑った顔。口をむにゅむにゅっとしてしまうクセ(ワイプをよーく見てるとわかりますよ♡)。男らしく太い首。手、腕、カラダのパーツがどこを取ってもきれいでたくましい。

はまだくん好きなところしかない。

止まらない。もっと聞きたい人いましたらDMくださればPDF形式でレポートにまとめてお送りいたします(ニッコリ)

 

【担当になったきっかけ】

もともと猛烈な嵐ヲタだったわたしは、最初は完全に藤井流星くんの顔ファンをやっていました(笑)

彼の顔は無敵だなっと思ってたし、誰も勝てない人類最強の顔面、神の最高傑作、生ける絵画、命を吹き込まれた彫刻、といったように言葉の続く限り愛でていた…(エコー)

でも当時は正直言葉だけが先走ってて、今より流星くんの良さをわかってなかったと思う。

ある日少クラを観ながらいつものように「はい流星今日も奇跡のDNA~」と愛でていたら妹に『それ多分流星くんじゃないよ』と言われた。濵田だった

自担を間違えたショックと、間違えた相手がまさかの馬面というショックから、わたしは濵田崇裕という人間が気になって気になって仕方なくなった。濵田くんが気になってから、ジャニーズWESTを見つけては目で追うのは濵田くんになっていった。

 

そして時は流れ、嵐のワクワク学校にジャニーズWESTが出るということを耳にし、これはわたし得すぎる企画と確信。こうしてはじめて彼(濵田)に会う機会が用意された。

 

(ちなみに濵田の舞台は短期留学している真っ最中だったので観れていない)

 

運命の日は2016年6月18日だった。マジでドラマみたいに濵田におちた。京セラドームのど真ん中で嵐先輩にかこまれながら、元気よくいじられ、笑い、ふるさとを歌う濵田くんを見て何かに打たれた気がした。大野くんをずっと応援してきた手前、濵田くんは『気になる』という表現でごまかして応援してきたけれど、その日からは遠慮なく『自担』と名乗るようにした。ちなみに翌週の6月25日の東京ドームでは、わたしの視線は濵田くんにロックオンしっぱなしだった(小声)

 

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

花より男子松本潤くんが話題になった小学校4年生。

当時はまだV6の学校へ行こう!がやっていたので、V兄さんにいじられる松潤というかっこいいお兄さん、的な楽しみ方だった。そこから嵐という存在を知るもヘキサゴンの羞恥心にハマり、そこでヲタクとしての生き方を習得する。中1のクラスメイトが強火松本担で、嵐熱再開。そこから様々なジャニーズの存在を知り、己の青春を若くてメラメラゴリゴリガツガツ生きるかっこいいお兄さんたちに捧げるようになる。

 

 

【担当遍歴】

嵐・松本潤…小4~小6

嵐・二宮和也櫻井翔…小6~中1

嵐・大野智(自担)…中1~

キスマイ・北山宏光…高3

関ジャニ∞丸山隆平…高2~

NEWS・小山慶一郎…大1~

ジャニーズWEST・濵田崇裕(自担)…大1~

 

担当やヲタは歴じゃないとは思いつつも、もっと早く彼らに出会いたかったと日々悔やみがちなヲタク。

 

 

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

はまこた…小瀧の濵田大好き具合を誠に勝手ながら自分と重ねる。なんて冗談はさておき、小瀧くんが濵田の、年下なりでも精一杯味方でいてくれてそんなのんすけにちゃんと甘えている濵田という構図が何よりも美しい。一緒にバカやるところも、やるべきときはやるんだぞとちゃんと叱れる関係も、全部ひっくるめてわっしょいわっしょい。甘えたさんモード全開のんすけの「濵ちゃん濵ちゃん」を着ボイスにしてくれたら言い値でダウンロードする。

 

はまじゅん…ラジオとかで組み合わさると、濵田がグループで唯一のお兄ちゃんに甘えてる部分が垣間見れて幸せになる。

 

きりはま…もう!!!!!!!大好き!!!!!!!!おにいたん!!!!!!!!それだけ!!!!!!!!!!(語彙力のなさをごまかす)

 

基本的に自担がいればオールオッケー芸人だから自担が絡んだコンビはだいたい好き。濵田が個性の違ったメンバーとコンビしてると、いろんな濵田を見られる気がするから。

ちなんでおくと、かみしげとばどもものすごく好き。あと濵文はわたしのビタミンC。

 

 

【1番心に残ってる現場】

沢山あります。絞る気はありません。

 

・濵田と初めて出会った嵐のワクワク学校2016

・曲中にスポットライトが消え、着替えをするためにスタッフさんの指示された方向へ走っていくソロ前の大野さんを見て「大野君も人間だったんだ」と実感したBeautiful World

・同じ月を見上げて被災地へ思いを寄せたArashi Blast in Miyagi

・初めてのアリーナ最前、タレントの乗ったトロッコが近すぎてまさかの死角となり誰にも気づいてもらえなかった関ジャニズム

 ・初めてジャニーズのアーティストを触れる近さで応援することができました、なうぇすと


 

【初めて行った現場】

嵐 Beautiful World/ナゴヤドーム

 

 

【最近行った現場】

なうぇすと 名古屋ガイシ

 


【次行く現場】

キントレかなっ?ワクワクかなっ?

 


【記憶に残ってるファンサ】


ファンサービスというものは生きる糧になる。


1.去年の関ジャニ元気魂で目の前に丸ちゃんの乗った気球が止まる。

ズッコケを全力で踊るわたしの動きも止まる。

踊ることを完全に放棄し愛しの丸山に全力で手を振ったところ、お手振りだけでもありがたいのに投げチューをいただく。

わたし氏、精神を抱かれる。


2.エイタメ名古屋。お友達が誘ってくれた今回のエイタメ、なんとトロッコの目の前…席がどんなもんかよくわからないまま会場に行くタイプのわたしに対して、お友達は席を徹底的に調べ上げ「神席だからうちわちゃんと作ろ」と報告。 徹夜して『投げchuして』を作り上げました。


見事丸山くん、チューを投げ飛ばしてくれました(号泣)

これほどしっかり報われた徹夜は初めてです(号泣)





…………………しかしこれでわたしのファンサ爆レストーリーは終わらなかった…予想以上に人生は素晴らしい……………





3.なうぇすと横浜アリーナ

初めてのひとり遠征…夜と間違えて申し込んだ昼の部が当選してしまったりと紆余曲折あったけれど、なんとか参加。なんと席はスタトロから降りてくる階段の踊り場の真正面……予測できるタレントとの距離わずか30cm……席に着くなりあまりの近さに「……っえ、………は?」とボヤくヲタク。しかも2部のスタトロは濵田が乗っているではないか…


アーメン!!!おいマジか!!!これはもろた!!!!!


アンコール中覚悟しろよSummerで、気合いを入れて作ったブラックバスのうちわを全力で彼の前に掲げました!!

大好きな彼を笑わせることができたこと!そしてとにかく!!わたしの『はまちゃん!』がはまだくん本人に届く日が来るなんて!!!!


ほんっっっっっっっっっまに生きててよかった!!!!(号泣)

f:id:jasmick:20170212111545j:plain

(左:わたし、右:桐山担のお友達)


実はその前日の1部でもスタトロの2列目にいたので、このバスうちわを全力で照史くんに掲げたんだけどダダ滑り(笑)

しげちゃんにも見てもらおう(?)と思ってしげちゃんにも掲げて見たんだけどこれまたダダ滑り(笑)

6日に心の折れたわたし、翌日もめげずにはまだくんにブラックバス差し出して良かったねって褒めてあげたい(ブラックバスでダダ滑りした照史くんはその公演では気づいてくれてさらには釣ってもらい、こちらも報われて拍手👏)


この横アリ一生忘れない………




4.なうぇすとガイシホール

人生初の、本当に本当の1人参戦。横アリは画像のうちわを持っていた方と仲良くなって一緒に参戦した形になったんだけど 今度のガイシは本当に本当の1人参戦。トモダチ、ナシ。実は席は横アリのちょうど真反対のメンステの真横でした…「あ、これ…スタトロな…ハハッ」ってもうにやけたよね…1人でニヤニヤしてたんだよもちろん…

アンコール、スタトロ降りてくるはまじゅん(勝訴)


濵田くんには横アリぶりのバスをお見せして「おあっ!」と気づいてくれました!!地声のリアクションが聞けてわたしニンマリ


淳太くんにはなんのうちわ見せようかな…と思ってあたふたしながら出してみたところ!

うちわの文字をひととおり読んでくれた淳太くんは、口パクで『大丈夫』と言ったあと うちわを持つわたしの右手をきゅっと包んでじっと見つめて階段を降りていきました…と…さ……


いやどこの王子様だよ…

うちわには「実習行くのでパワーください」と書きました…頑張りましゅ…

じゅんじゅんにキュンっとした瞬間でした…



 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

絞る気はありません。が、ものすごく頑張って絞りました。

 

1.バンザイ夢マンサイ…夢応援ソング。「ミスだらけでヘコむ毎日、人の群れに押しつぶされ、水たまりに映る惨めな自分と見つめ合う」「ぶつかる壁、ズタボロの明日、頑張るほど冷やかされて。夜空の下、涙があふれて眠れない」止まらない自己嫌悪・なかなか認められない自分の努力。人生でこういう感じの道は誰もが通ると思う。

からの「胸張って風切って走れ未来へ!何だって叶うって明日を掴め!もう振り向かないで。変われなくてもええねん」で持ち上げられてから「諦めるな。いつでもそばにいるよ」ってもう前向くしかないと思う。2番がとくにやられちゃう。つまづいてもつまづかなくても、どんなときも聴いてしまう歌。この曲に初めて出会った時が進路に悩んでた時期だったから『もう振り向かない』って勇気をくれた。大好きで大切な曲。

 

2.Break Out…若さと、時代や世間に対する反抗的な歌詞がいい。「とがったままでいれるなら、叶わぬ夢を見ていたい」。ここがグッとくる…

自分の耳に確かに聞こえたゴーサインを信じて、世の中の障壁を振り払って戸惑わず突き進む若者がカッコよくないわけないじゃない。

個人的にはラストサビ「尖ったままで〜」で床をつん裂く濵田さんが大好きだよ(曲の話なのにフリの良さを語るヲタク)

 

3.アカンLOVE…これわたしのソウルソング(造語)。

登場人物は濵田とわたしと大野さん。濵田はわたしを笑かし続けることに情熱をささげると言いつつもわたしが欲しいわけで、欲しいと思っとったらわたしの視線はいつしか大野さんじゃなくてオレ(濵田)を見つめるはずさ!アイゲッチュー!ってね!見事に振り向かせてくれたよ!よっ!男前!

実はこれアイドル対ヲタクにも当てはめられるとても楽しい歌で、「現実(リアル)と夢 紙一重、飛び越えていざ立ち上がるから」と、夢を夢と思わせないわずかな期待をさせてくれる歌。(と、確信している)

 

聞き手という立場を強引に濫用できる、曲調も歌詞もノリもぜーんぶ大好きな歌(笑)

 

 

4.きみメロ…イントロで泣く歌。Time goes byも同類。ふだんお好み焼き食べると頭がよくなるなどと、関西弁を交えて暗示ソングとして歌っているとは思えないくらいに、歌唱力とメロディーで訴えかけてくる歌。この人たちは歌で心を動かせる。すごい。これ以上語ったら泣く。

 

 

5.King of chance…とってもかっこいい歌。あきととたかひろのフェイク合戦に紛れて重岡くんが「Come on…Come on…」て誘ってくるのに毎回やられる。わかっててやられる。やられにいってる。最後のWe can be a king!は有言実行されそうで、いい意味で怖い。これは彼らの有言実行ソングだと信じて疑っていない。かっこいい。大好き!!

 

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1.少クラのキャンストからfor now and foreverの淳太くんソロに入るまでの濵田の振り。

腕をかかえながら長い長い足をリズミカルに振り乱すところには美しか感じない。かつこの時に濵田の髪が最高だった。ゆえにこの回の少クラは永久保存。

 

2.Criminal、心隠して生きるのはごめんなんだわかるだろう

操り人形をイメージしてると思うんだけど、濵田めっちゃくちゃ綺麗で怖い。もう怖い。あと足が長い。キレが抜群すぎて操られたさしかない。

 

3.Eternal、「君がいないと、only eternal darkness」

ここでスッと伸ばした濵田の長い手が、初めに顔をとらえてそのあとうつむく2段階の振りが大好きで大好きでたまらない!!!!!!!!!!歌詞にあった振りって感じがして濵ちゃんが止められない止めたくない!!!君がいないことで!!顔を抑え!!ただの暗闇にひとりうつむく!!!!!はいこのシナリオ完璧!!!!

なぜ2段階にしたのか聞きたいし、どんな返答が来ようとものすごく褒めてあげたい!!!!!!!最高だよ!!!!?????

 

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

Black/White(佐藤勝利)

パリマニ

V.I.P

 

たくさんある。(笑)

パリマニは2016年のin大阪でFunkyさんらがバックについてたのを見てかっこ良すぎて強烈に印象的だった

 

 

【1番好きなペンライト】

嵐のペンライト。

金かかっててイイ(こら)。

でもJaponismやDigitalianはほんとうに綺麗で、タレントの目線からも、ファン目線ではディスク化されても楽しめるから素敵なアイデアだと思う。乾杯!

 

 

【1番好きな衣装】

案外逆転Winnerだったりする。黒のスッとした衣装を着こなせる自担にメロメロなもんで…

あとはコインかなあ~~!ガチャガチャしてて大好き!!

SCARS?キャンスト?黒衣装、うちの濵田よく似合っちゃうんですわ〜〜大好きなんです(照)

 

 

【よく買う雑誌】

テレビ誌・ドル誌は買わないようにしている。

自担の表紙や永久保存版と判断したもの以外は基本的に買わない。

最近でも買ったのはanan。

 

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

なんかの手違いでシルエットのPVを全国放送で流してみたらファンが急増するから実験してみたい。

 

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

テニスコートでボールを追いかけるだけの純朴な少女でした…

 

 

【最近気になっている子】

ジャニワに行ってから増してひたすら関ジュの沼に爆進中!!

むろきゅんのけらけらカワイイ笑い声に溺れたい。

大学の卒論のテーマは丈一郎の顔のうるささについてを予定しています(大嘘)

 

 

【最後に一言!】

こんにちは濵田です(訳:もう何を言っていいかわからないぐらい楽しかったです)

ジャニーズヲタクになって得したこと・損したこと(某番組風)

この世に誕生してから20年弱経つけれど、アルバイト歴(3年)よりも、テニス歴(8年)よりも、はるかに長くジャニヲタというものを人生のテーマとして過ごしている。

 

 

 

今回ジャニーズWESTが京セラドームで2Daysライブを行うことが決まった。

 

飛び上がるように喜んだ。

 

現在彼氏のいない私は7人に自分のありったけのクリスマスをささげたいと思った。

 

きっと今年が、今までの人生で1番クリスマスを楽しみに感じている…!!

とかなり興奮した。

 

 

 

 

 

 

ここでふと考えたのが、

 

 

私ジャニヲタじゃなかったら今年のクリスマス何してた……???????

 

 

 

 

 

 

それだけじゃない。

ジャニヲタじゃなかったらきっと趣味もテニスしかないし、サークルの友だちとご飯代とあとガソリン代ぐらいしか出費ない…

 

 

 

金銭面ではプラスなことが見つかるかもしれないけれど、

それ以上に私は生きがいを失うことになる。

 

 

 

 

 

紹介しましょう、私の生きがい

 

 

1.ライブや舞台に行くこと

 

やはり1番に挙がるのは大好きな人たちに直接会って元気をもらうことだと思う。

運が良ければファンサービスだってしてくれる。

 

 

たとえ席が良くなくても、同じ空間に自分がいることで大好きな人たちがすぐそこでキラキラと輝いている姿を観ることができる。すぐそこで。

 

 

コンサートなら同じ空間で、同じ曲にのりながら、同じリズム、同じ振り付けで大好きな彼らとひとつになれる。

 

その3時間のために生きてるし、ライブはこのまま終わらないでほしい。

行かないでTONIGHT。

 

 

 

2.1週間の中で規則的な楽しみがある

 

月曜日は○○が何時から、水曜日は○○が何時から!などといったように、曜日と時間のはっきりした楽しみが毎週待っている。

 

 

おおよそドラマやレギュラー番組のことを指す。

 

 

このタイムテーブルを基準として私の1週間は組み立てられる。

 

上記のように月曜日と水曜日に楽しみが待っているのなら、月曜日にもらえた元気と翌日水曜日に約束された元気だけで火曜日が屁のように感じる(汚い表現でほんとうにごめんなさい)。

 

 

 

学生の私は一般的な学生と同じように試験やバイトもこなすから、どうしてもリアルタイムで彼らから元気をもらえないときだってある。

しかし家に帰ったり試験が終わった時に待ってる録画たちが私にくれるパワーの大きさったら。水を得た魚のように元気になるヲタク。

 

 

 

3.自担の活躍をみた知人が○○君頑張ってるね~!とほめてくれるときの幸せ

 

 

これは自分がジャニヲタであることを公表している場合に限るが、自分の推しを周りに浸透させておくと、ワイドショーやドラマを実際に見かけた知人や友だちが「あ、アイツがいつも推してる濵田ってあの人なのか~」と関心を寄せてくれる。

 

そして自担がしっかりと活躍してくれたり話の内容がおもしろかったりすると、友人は翌日「昨日の濵田くんおもしろかったよ!」と報告してくれ、前日しっかりとリアルタイムを決め込んだ私は『ありがとう』と返す。

 

 

 

この時の私の顔面こそクールではあるが、とくに自担がバーターだったりすると、その心持ちはまるで学習発表会で桃太郎のキジ役を立派に務め上げた子どもの母親のようなものである。

 

(ちなみに我が子がキジを務めたという経験もなければまだ子どもすらいない)

 

 

 

 

 

 

4.想像力が底なしに豊かになる

 

 

想像力と言い張る私に、周囲の人間はそれは妄想だと勧告してくるが気にしていない。

 

 

 

 

自担を愛するあまり、自担の口癖やしぐさを目をつぶっても細部まで再現できるようになってくる。

そうすると、通りかかる観光スポットやふとした場面において

 

 

「自担ならここで○○しながら××って言うんだろうな、好き」とか

 

「自担は間違いなくここで私に○○するから私はあえて聞こえないふりをする」とか、

 

 

いろんな場面での再現が可能になる。

 

それも事細かに

 

 

 

 

再三言うがこれは妄想というよりも、国語の心情理解を応用したものというか、そんな感じの高度なものだと信じて疑っていない。

 

 

 

 

 

5.友人は私へのプレゼントを迷わない

 

 

誕生日に何を買えばいいかわからない友人って必ず1人はいると思う。

 

 

 

私もジャニーズ以外の趣味はテニスぐらいしかないので、ほしいものといえば新作のラケットぐらいしか出てこない。

 

基本もらう側は何をもらっても嬉しいが、差し上げるほうはせっかくだから喜んでもらえるものをあげたい。

 

 

 

 

そこでジャニヲタに渡すべき誕生日プレゼントはずばり「担当カラーの何か」である。(笑)

 

 

 

 

 

紫のネイルを買ってくれればコンサートにかわいいネイルで行けるから嬉しいし、青色のポーチをくれれば毎日の化粧も心が弾む。

 

 

色だけでこうもルンルンできるジャニヲタってけっこう健気でかわいくない?(笑)

 

 

 

 

 

6.SNSに強くなる

 

 

たいていのジャニヲタは「ヲタ垢」「リア垢」といったようにツイッターのアカウントを複数所持し、巧みに使い分けているように思う。

 

私もその一人で、「リア垢」はめったに覗かないし発言もしないくせに「ヲタ垢」にはほぼ毎日出没し、やれ自担が今日も愛おしいだの誰々が最近キテいるだの好き勝手つぶやいている。

 

 

それだけ長時間「ヲタ垢」に浮上しボヤいていると、ありがたいことに日本各地にいろんなヲ友達ができる。

 

 

 

これは大学生になってから覚えたが、ライブやイベントがなくても遊んだりロケ地巡りを一緒にして騒ぐことのできるヲ友達ができるのは本当に楽しい。

 

 

ほんっとうに楽しい

 

 

 

 

 

 

7.頑張る彼らに励まされる

 

 

ジャニヲタは職業でやっているわけではないので、私にも学生という本業がある。

 

 

 

これでもいっちょまえに進路に悩み受験勉強に苦しんできた経験があるし、今でもうまくいかないことや行き詰まることなんてざらにある。

 

 

そんなこと生きていれば当たり前だけれど、私はそういった局面でかなり彼らに支えられてきたと思う。

 

 

 

 

つらいときに曲を聴けばいつも私を持ち上げてくれるし、作品のメイキングや雑誌の取材などちょっとしたタイミングで彼らの苦労を見かけると、この苦労にたくさん支えてもらっていることを感じて自分を奮い立たせることができる。

 

少なくとも私はそうしている。

 

 

 

 

彼らの目に見えない努力の上に私たちの幸せがあることに感謝と涙しか出てこない。

 

 

今日も支えてくれて本当にありがとう。

 

 

 

こんなふうに誰かに感謝したり、誰かの努力を素直に応援できる気持ちは、ジャニヲタになったことの大きな財産だと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでいくつかジャニヲタをやっていてよかったことを挙げてきたが、やはりつらかったこともあった。

 

 

 

1.スキャンダル

 

本当に苦手です。

 

報道後にショックのあまり食欲が猛烈に減退し4kg痩せた自分にはさすがに引いた。

 

 

 

 

 

 

冷酷な言い方をすると、夢を売る仕事をしている供給者と夢を買っている客という関係なので、彼らのプライベートにぶつくさ文句をつける権利などないことは重々承知しているつもりだし、ファンなら幸せを願うものが当たり前という自覚も持っているつもり。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし彼らの与えてくれる夢にこちらが全力で自分の身を投じている以上、突然それが供給されなくなるんじゃないかという不安と、今までもらっていた夢のはかなさを改めて知ることになる。

 

 

これがいちばん怖い。

 

 

 

 

 

日頃から現実を見ずに彼らの身長を通り越して理想像を作り上げる癖をつけてしまわないように、ビクビクしながら応援しなきゃいけないのもなんだか嫌だ。ううう難しいよぉ…

 

 

 

 

 

2.恋人からすればあまり面白くない

 

 

 

 

高校の時に付き合っていた彼氏の誕生日に、張り切ってケーキを作ったことがある。

 

 

 

 

ケーキを作った時に着ていたTシャツに、嵐5人の顔がデカデカとプリントされその上に「LOVE」と書かれていた。

 

 

 

 

 

それを見た彼氏は「…引く」と言った。

 

 

 

 

ジャニヲタを知っていて付き合っていたとはいえ、彼氏の誕生日なのに、寝間着にイケメンの顔が貼られたTシャツを着てくるという逸脱行為をした彼女である私が完全に悪いため文句はいっさい言えなかった。言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.ジャニヲタと言うだけでなんとなく感じる「出た~ジャニヲタ(笑)」のリアクション

 

 

長年ジャニヲタをやっているが、全くそれを恥じたことなどない。

 

 

 

むしろジャニヲタを明かすことでサークルなんか特に積極的に周りが休みを取らせてくれるようになった。

 

 

 

しかしここまで生きてきて気付いたが、私のジャニヲタが受け入れられてきたのは周囲に複数人ヲタがいたことが大きいと言える。

「こいつらジャニヲタだもんな」と、私とくくられてくれる仲間が存在していた。

 

 

 

 

単身で意気揚々と「アイアムジャニヲタ!」と主張すると、

 

「出たよジャニヲタwww」

 

というリアクションが返ってきた経験がある。

 

 

 

なんで?

 

 

「ヲタ」っていう表現が浸透しきれていないのかな?てな感じで悶々とする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらつらと書いたけれど、世の中にはいろんなジャニヲタがいて個性豊かな人たちばっかりで本当に面白いと思う。

 

 

その個性は間違いなくタレントに磨かれるものだし、そこから得た感覚や感情は生きていくうえで絶対に財産になると思う。

 

 

 

私はジャニヲタとして過ごした青春時代を宝物だと思っているし、これから過ごす時間も大切にしたい。

 

 

 

題名はウケ狙いで書いた。

 

(不平不満文句は受け付けません)

 

 

 

 

 

私はジャニヲタでいて、思うことはいろいろあるけれど損などした覚えがないし、得なことばかりである。