このままぐっと夢見せて

耳で溶けて流れ込む 媚薬たちを閉じこめろ

たかひろせんぱいに恋を始めました


 
見ましたかポポロ3月号!!

 


買ったらキリがない。破産する。というのを中高生の時に学んだので、もう極力アイドル誌は買わないようにしていた。




でもさ!!!!

ポポロたんがあまりにも読者(の性癖)に寄り添うもんだから!!!!
なに制服って!!!!
ちょ、チェックのマフラーとか爆モテのシンボル!!!!
みんな大好き!!!!
たかひろせんぱぁぁああいいいい!!!!







ってことで久々にポポロ購入しました(単純)

一度決めたことを貫く気がさらさらないヲタクですね






…………………ところでさ、どう思った皆?



はまだくんめっちゃ「たかひろせんぱい」じゃない????
 
 
(б∀б) じゅんた先輩
(´◇`) 照史先輩
(θヮθ) たかひろせんぱい
(^ヮ^=) しげ先輩
(`‐´) 神ちゃん先輩
(ノノ_☆) 藤井先輩
('・エ・`) のぞむ先輩(年下)

↑個人的に呼んでみたいラインナップです









よっしゃみんな準備はいいか!!!!

~たかひろせんぱいに恋を始めました~

f:id:jasmick:20170124221034j:plain



はっじまっるよー!!!!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






たかひろせんぱいは同じ高校の2つ上の先輩

学校は都会にあるのにうちは田舎だから友達みんなとは逆方向の電車で帰る
うちみたいな田舎からこの高校に通うのはわたしとたかひろせんぱいだけで、
たかひろせんぱいとは、入学してすぐに わたしが落とした定期入れを拾ってくれたことでよく話すようになった。きっかけだったのはたしか最寄りが1駅違いだねって話


 




「…あ、たかひろせんぱい」
『おお!最近よく会うな~もう帰るん?』
「今日は塾なんですよー」
『ほー、がんばり屋さんやな(笑)まだ1年なんやからもっと遊ばなアカンでー?』
 
 
 



こんなたわいのない会話、何回してきたんだろう…

青いチェックのマフラーにうずまって英単語帳を広げる横顔が、かっこいい…っていうか、きれい…


たかひろせんぱいはかっこいいし面白い。友達もたくさんいて、運動ができて背も高い。
すぐに目がなくなっちゃうせんぱいの笑顔が大好きで、全校集会に集う先輩たちの中でもたかひろせんぱいの笑顔はすぐに分かる





いつから自分はこの人のことが好きなんだろう。気づいたら、にかーっと笑うたかひろせんぱいのことを目で追ってた気もする




でも

何度電車で会って話してもたかひろせんぱいは『まだ1年なんやから』『やっぱ若いな~』って言うから、自分はやっぱりただの後輩なんだな…と思って、自分の気持ちを抑えてせんぱいと接するようにしていた










2月が近づいてきて、ソワソワする



たかひろせんぱいにチョコを渡したい。

そんなことを思い始めてから、気づけば2月も14日になっていて
クラスに配るための生チョコの他に、わたしはチョコレートマフィンを作って持ってきていた。



なんて言って渡そう、
いや渡せるかな、会えるかわからないし…なんでちゃんと約束しなかったんだ〜〜あ〜〜

と、持ってきたマフィンを見つめながらぼーっと改札を抜けてホームに向かう








「……たかひろせんぱい?」
『お!また会ったな!』
「こんにちは、帰りですか?」
『おん、地元ついたらコンビニ寄ろかなー』
「おつかいですか?(笑)」
『あほ(笑)いくつや思てんねん(笑)腹減ったからや!(笑)』
「あ、たかひろせんぱいおなかすいてるんですか…?」
『?、 うん』
「…………せんぱい良かったら、これ、どうぞ」
『おー!ありがとう!チョコ…の…なんやこれ!(笑)』
「マフィンです(笑)」
『そそ、マフィンマフィン!名前が浮かばんかった(笑)ありがとう(笑)うわー!そっか今日バレンタインやもんな~!クラスの分余ったん?』
「いやっ…そうじゃなくて……」
『うん?』
「せんぱいのために…特別に作ったんで……えっと、食べてほしくて…………」
『うわ~~まじかぁ!俺のためにってことやんな?めっちゃうれしい!ありがとうな!』



この「特別」という言葉に、自分なりの気持ちを精いっぱい込めた。
たかひろせんぱいがずっと大好きで、けど好きって直接はなかなか言えなくって
でも何か届けたくて。このマフィンはたかひろせんぱいのためだけに作ったから、「特別」という言葉にぜんぶぜんぶのせた。






そのあと電車が来て、何を話したかは覚えてないけど
最後にたかひろせんぱいは左手にわたしのマフィンを持って、1つ手前の駅できらっきらの笑顔をわたしに向けながら降りていった





ふあ~~~~~~~~~~~~~~~~

ちゃんと特別って言えてよかった!!!

あ~~~~めっちゃ緊張した!!!!!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ちょっとたかひろせんぱい好きすぎて泣いてる
(あくまで妄想)

こんなピュアな、告白とも思えんような告白したい~~~~!!!

たかひろせんぱいに「特別」にマフィン作りたい~~~~~~~~~~!!!!!!

告白であって告白でないようなスレスレの告白をたかひろせんぱいにしたい~~~~~~~!!!!!!!!!
 
 
てかバレンタインっていう設定めっちゃかわいくない?!
 
後輩のわたしでも大好きな先輩に気持ちをそれとなく伝えられる絶好のチャンス!!
微妙な雰囲気になった時も大丈夫!
必殺!!『義理ですよ~(笑)』が使える!!!
 
受け取る先輩も、「いやこれは義理かもしれへんし…いや、でも…?」みたいになんとなーく意識してくれるんじゃない、かな…?みたいな淡い期待~~~!!!
 
これぞ運命のワンチャンス!!(ドヤァ)
 
 
 
 
いいよねバレンタイン…
ちょ、ほんとにどっかの駅のホームにたかひろせんぱいフラついてない??むしろいつたかひろせんぱいに出くわしてもいいようにマフィン持ち歩こうか??
 
 
 
 
 


しかし肝心の「マフィン」という言葉がなかなか出てこない……なんならためらいがちに『ケーキ』って言いかけたあなたが好きです…
 
 
 
うわっ、
 
やばい無情に今たかひろせんぱいに好きって言いたい
(毎日言ってるくせに)
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで嘘のような本当の話をすると、リアルに2つ上の先輩なのはりゅかみなんだけどね!!!(笑)
 
 
神ちゃん先輩にはクッキーあげたいな。
甘いものそんなに好きじゃない設定の藤井先輩にはビターチョコ押し付けたい(やめろ嫌われる)
 
 
 
とりあえずバレンタインまでにチョコレートマフィン作っとくからぁ!!!
たかひろせんぱいは安心して駅のホームに来てくれていいからね!!!!